ライタームに入社したきっかけは?

学生時代はロボットについて勉強していました。

歩行ロボットのモデルを作成してシミュレーションしたり、簡単なロボットを作成したり・・・。

そのため、将来はプログラミングなどの技術を通して、社会と関わるような仕事がしたいと考えていました。

しかし、当時はリーマンショックの影響にて、社会的な不景気で、厳しい環境下での就職活動だったため、選択肢を広げることも視野に入れ、就職活動を行いました。

そんな時、大学で行われた企業の合同説明会に参加し、そこで初めてライタームを知ることになりました。

担当者の方の雰囲気が親しみやすく、とても気さくにお話しをしていただき、他の企業とは違う印象を受けたことを覚えています。

面接に進んだ後もその印象は変わらず、自分の未来をこの会社で試したいっ!!と強く想い、入社を決めました。

仕事のやりがい

目的を達成するための仕組みを考えている時間、例えば、システムの性能情報や統計情報を取得する機能をプログラムで実現できた時、既存システムの問題を自らの設計で改善できた時など、やりがいを感じますね。

自分で考えた仕組みが稼働して、実際に役に立った瞬間は達成感があります。

また、経験を積むごとに新たな視点や出来ることが増えていくことが、やる気へと繋がっており、とても励みになっています。

現在の業務内容

現在は、銀行の業務システムが利用するアプリの仮想化基盤の開発、OSのサポート切れに伴う端末の入れ替え対応を行っています。

アプリ仮想化基盤の開発では、不正な操作等を制御するセキュリティ管理、各端末やサーバでどのような操作が行われたのかを監査するログ管理、障害発生時に復旧するためのバックアップ管理を担当しています。

趣味・気分転換

  • 運動不足になりがちなので、体を動かして気分転換するようにしています。ランニング、水泳、登山等々・・・。家にいる時はマンガを読み漁ってます。


基本的な流れは、アプリ仮想化基盤を利用する業務システムの要件を確認し、各種パラメータの設計、必要となるパッケージのインストールや各機能のテスト、本番環境へのリリースを行います。そのほか、運用中の本番環境で発生したエラーの解析なども行います。

OSサポート切れ対応では、対象となる端末の洗い出し等、現状の整理・分析を行ったうえで、効率よく端末を入れ替えるための移行計画を策定しています。